性病の悪化とマクロライド系抗生物質

性病というのは、性行為における相手との粘膜の接触などが原因となって起きる感染症のことであり、細菌や真菌、ウイルスなどといった、さまざまな病原体があるために、その病名も多岐にわたっています。
性病のなかでも比較的多いのが、たとえば性器クラミジア感染症とよばれるもので、これはクラミジアという種類に属する微生物が、性器やそのまわりに感染してしまうことによるものです。
性器クラミジア感染症の症状ですが、女性はおりものが増加する程度であまり自覚症状がないことが多く、男性では尿道にかゆみがあったり、粘液のような分泌物が出たりすることがあります。
はじめはこのようにささいな症状しかありませんが、性病は放置してしまうと悪化してたいへんな結果になってしまうことがあり、たとえば女性の場合であれば、感染がしだいに奥のほうに広がって、卵管炎、子宮内膜炎、骨盤髄膜炎などといった病気にかかり、はげしい腹痛がとまらなくなる状態になり、やがては妊娠ができないことにもつながりかねないというおそろしさがあります。
このようなことになる前に、適切な治療を行う必要がありますが、クラミジアのような病原体に対抗するのであれば、マクロライド系抗生物質などを一定量服用するという方法が簡単で効果の高いものです。
抗生物質にもいくつかの種類がありますが、マクロライド系抗生物質は、ショック症状などの副作用が出にくく、対応菌種も広いためによく用いられているものです。
ただし、最近では抗生物質が効きにくい耐性菌のようなものもあらわれているため、せっかく服用してもなかなか効果が得られないようであれば、医師に相談の上で、別の種類の抗生物質を処方してもらうのがよいといえます。