男性の性病の特徴は強いかゆみです

女性と性交渉を行なった後に、陰部に強いかゆみがあるようなら性病に感染した可能性があると捉えておくといいでしょう。男性の性病の特徴は、陰部や陰毛の強いかゆみになっています。いままで感じたことのないようなかゆみを陰部付近に感じるようなら、我慢せずに病院に行くことを推奨します。
性病には様々な種類がありますが、性器そのものにかゆみがある場合にはクラミジアか淋病の可能性が高く、陰毛にのみかゆみが集中しているようなら毛じらみが繁殖している可能性が高いと言えます。毛じらみに関してはたまごを植えつける陰毛さえそり落として無くせば病院に行かずとも問題が解決しますが、クラミジアか淋病は病院で治療を受けなければ完治は難しいと言えることから、性器そのものに強烈なかゆみがある際には急いで医師の診断にかかることを検討してください。第三者に性交渉や女性関係の話をするのは恥ずかしいといった男性の方も少なくないでしょうが、放置しておくと性病は日に日に酷くなっていく一方なので、早期に治療に取り掛かることが大切なのがその理由です。
またセックスをしなくても、オーラルセックスで性病は感染します。コンドームをつけていたから、女性の膣に入れていないからといって性病に感染していないだろうと高を括るのは危険だという意識を持っておいてください。オーラルセックスを行なった翌日以降に陰部や陰毛にかゆみがあるようなら迷わず病院に行くくらいの考え方で間違っていないのです。
性病のかゆみというのは我慢できずに夜眠れなくなるほどに強烈です。感染したら確実に分かるはずなので、無理に我慢せずに医師の指導と治療の下で早めの回復を目指すことをおすすめします。